関 西 魂      

師子王が大地を駆ける如く

人生と社会の王道を

威風も堂々と前進を!

大鷲が天空を舞う如く

一切を見下ろしながら

正義と栄光の軌道を悠然と上昇を!

池田先生

わが友へ(139)

池田先生の第3代会長御就任50周年(2010年5月3日) 記念

「池田華陽会」第3期が結成



晴れやかに

仏の大軍

進みゆく

世界一なる

創価 成るかな

池田先生

(昭和35年(1960年)5月3日)


佛恩報恩

昭和参拾五年五月参日

池田先生

(1960年)(昭和35年5月3日))


 「ワイマール・ゲーテ協会」から池田先生に特別顕彰
「ゲーテ・メダル」(ゲーテの依頼で1816年に製作)が贈呈

50周年記念(2007年)

戸田城聖第2代創価学会会長
「原水爆禁止宣言」
50周年(2007年)

 

パグウォッシュ会議のジョセ
フ・ロートブラット博士と50年
(2007年)




صاحب الجلالة: هل تتحدث كرجل عاقل أم كملك؟


源远流长──池田大作与日中友好



Dialog with Nature
Rendezvous with Nature
與自然對話 与自然对话
자연과의 대화


自然との対話/池田大作写真展



Zvol si život
Избери живота Escoge la vida
MEMILIH KEHIDUPAN
Choisis la Vie Dialoghi L'uomo deve scegliere
Wybierz życie Dialog o ludzkiej przyszłości
Wähle das Leben! Válaszd az életet Párbeszéd
Yachague Maisha mazungumzo Choose Life
Perjuangkan Hidup sebuah dialog
Zvol si život Yaşami Seçin Diyalog

二十一世紀への対話
アーノルド・J・トインビー/池田大作 共著



広布丈夫舞


池田先生



勇者共戦


池田先生



立正安国之誓


七月十六日      

池田先生



大桜(おおざくら)


わが友乃(の)
功徳満開たれと
祈りつつ
五十四年五月三日
創大にて 合掌

池田先生



大山(たいざん)


わが友よ
嵐に不動乃(の)
信心たれと祈りつつ
五十四年五月三日
創大にて
式後 記(しる)す也(なり)

池田先生



師あり

弟子あり

広布あり

合掌

昭和五十四年五月三日

池田先生


(小説「人間革命」の原稿を綴じた冊子の扉)


共戦


五十四年五月三日夜
生涯にわたり
われ広布を
不動の心にて
決意あり
真実の同志あるを
信じつつ 合掌

池田先生



正義


五十四年五月五日
神奈川文化にて
われ一人(ひとり)正義の
旗持つ也(なり)

池田先生



五月三日


昭和二十六年五月三日
昭和二十七年五月三日
昭和三十五年五月三日
昭和五十四年五月三日
昭和五十八年五月三日
西暦二〇〇一年五月三日

此(こ)の日はわが学会乃(の)原点也(なり)

昭和五十五年五月三日 記(しる)す
心爽(さわ)やかなり 合掌

池田先生



我が 門下の青年よ

生きて生きて生き抜くのだ

絶対不滅にして永遠の大法のために

また この世に生を受けた

尊き自己自身の使命のために

池田先生

(昭和56年)(1981年))


幾たびか

嵐の山を

越え越えし

尊き同志の

無事ぞ 祈らむ

一九八二年 元旦

池田先生

(昭和57年)


若き日を

嵐の如く

広宣に

この身 捧(ささ)げし

その日 忘るな

池田先生

(昭和58年)(1983年))


十万乃

あゝ青春の

陣列は

広布の暁

ここに 見るらむ

池田先生



常に
勝利の
関西たれ

贈 関西同志へ
五月三日

池田先生

(昭和60年5月3日)


いざや起て

関西ありての

広布かな

池田先生

(昭和60年5月3日)


広宣大道旅

池田先生

(昭和60年)





池田先生

(昭和60年(1985年)10月)


天使


池田先生

(昭和60年(1985年)10月)


共戦

共進

共生

池田先生

(昭和60年(1985年))


ついに来(き)ぬ

我等の指標の

新世紀

五月の三日の

この日 この時

池田先生

(2001年5月3日)


栄光に

五月三日は

輝けり

創価の勝利は

未来へ 世界へ

池田先生

(2001年5月3日)


共々に

五月三日を

迎えたり

断固と勝ちたり

広布の戦士は

池田先生

(2001年5月3日)


光輝なる

世紀の山を

雄然と

ついに登攀

握手と 握手よ

池田先生

(2001年5月3日)


千万の

同志の雄叫(おたけ)び

世界まで

喜び 響かむ

無量の功徳は

池田先生

(2001年5月3日)


時来たり

地涌の乱舞の

時来たる

攻め征け勝ち征け

常勝関西

池田先生



「関西魂」とは究極の「負けじ魂」です。

この不撓不屈の信力・行力に、

仏天も応えて動くのです。

厳たる仏力・法力の加護があるのです。

池田先生

(「御書と青年 9 御書根本の常勝」より)


誇りあれ

庶民の都の

大正区

ああ寂光の

舞台広げむ

池田先生

(1986.(昭和61年)11.12)


大関西

広布の戦場

君は英雄

池田先生



常勝の

先駆を走る

大正区

幸福選手は

世界の模範と

池田先生

(平成8年2.21)


いざや立て

いざや進まむ

新たなる

広宣流布の

大道 開きて

池田先生



この英雄ありて、常勝関西

池田先生

(1997.11.18)


この地域

わたしが守りて

幸(さち)の道

池田先生



踏まれても

踏まれても

なお咲く

タンポポの笑顔かな

池田先生



大関西

断固と築けり

常勝の

大城輝き

三世に不滅と

池田先生



あの道に

あの丘にもと

三色旗

友の歓呼に

幸を祈りぬ

池田先生

(1990年6月(平成2年))


出獄と

入獄の日に

師弟あり

池田先生



「七月三日」は、師と弟子の

金剛不壊の魂が

命懸けの闘争の中で結合し、

永遠の歴史に刻まれた

「師弟常勝の記念日」なのである。

池田先生

(「随筆 我らの勝利の大道 20」 より)


常勝の

七月三日の

師弟不二

池田先生

(2010年(平成22年)7月3日)


私(わたくし)の

悔いなき歴史は

大関西

青春時代は

三世に忘れじ

池田先生



ああ関西

関西ありて

学会は

日本も世界も

天まで羽ばたく

池田先生



常勝の

その名も高き

関西は

世界一なる

凱歌の城かな

池田先生



共々に

常勝の馬

跨(またが)りて

勝利の道を

断固 開かむ

池田先生



行くならば

栄光輝く

この道を

兵庫の友と

歩む楽しさ

池田先生



淀川に

久遠の友あり

誰よりも

尊(たっと)き記念の

歴史は光りて

池田先生



偉大なる

常勝の城

厳然と

そびゆる嬉しさ

関西万歳

池田先生



関西と

いえば常勝

晴ればれと

池田先生



人間の

革命ありて

常勝 三世に

池田先生



おお堺!

会えば瞳が

輝きて

明るい久遠の

楽しき同志と

池田先生



大関西

連戦常勝

祈るらむ

師弟の魂

いやまし燃やして

池田先生



守口と

ともに門真の

広宣に

つくし果(はた)せし

君に幸(さち)あれ

池田先生

(昭和58年3月)


偉大なる

兵庫の闘争

高らかに

常勝の曲

ともに歌わん

池田先生



いついつも

師弟の関西

勝ち飾る

皆様方の

勇気 嬉しや

池田先生



世は移り

戦乱勝利の

大阪城

今は関西

常勝城かな

池田先生

(2007.11.10)


おお関西

私の第二の

故郷かな

兄弟姉妹に

勝りし同志か

池田先生

(2007.11.10)


淀川に

元初の姉妹の

集いたる

錦州城は

無限に にぎやか

池田先生



若人(わこうど)が

また青春が

美しく

舞い征く彼方に

虹の都は

池田先生

(1986.11.9)


わが友が

嵐を越えて

むかえたる

五月三日の

晴れの姿よ

池田先生



若き君

立ちて走りて

常勝譜

池田先生



「常勝」とは常に「死闘」に

競り勝つことである。


関西も、ただただ師弟の「勇戦」によって、

一切を勝ち越えてきたのだ。


池田先生

(随筆 人間世紀の光 199 から)


底知れぬ

力を持ちたる

常勝の

大関西は

不滅なるかな

池田先生

(「随筆 人間世紀の光」177
<阪神・淡路大震災14年に祈る>より)



大関西

常勝関西

勝ち抜けや

世界中が

見つめむ模範と

池田先生

(「随筆 人間世紀の光」177
<阪神・淡路大震災14年に祈る>から)



堂々と

王者の城か

泉州の

友らがつくりし

人材(ひと)の石垣(いしがき)

池田先生

(1976.(昭和51年)4.2)



大関西

若き王者と

姫君(ひめぎみ)が

常勝広布の

姿(すがた) 美(うつく)し

池田先生



大関西

常勝関西

三世まで


池田先生

(2008.12.21)


常勝の

大関西の

母たちの

勝ちゆく功徳は

三世(さんぜ)の果(は)てまで


池田先生

(「永遠の常勝関西を讃(たた)う」より)

(2007年6月6日)


私は

そして関西の我らは!

広宣流布の前進のために

命を賭けた。



池田先生

(「永遠の常勝関西を讃(たた)う」から)

(2007年6月6日)


晴(は)れやかに

尊(とおと)き常勝

女子部かな

三世(さんぜ)の幸福

諸仏(しょぶつ)も讃(たた)えむ

池田先生

(2008年10月5日)


大関西

ありて創価は

勝ちにけり

常勝の城

三世(さんぜ)に光(ひか)れや

池田先生

(2008年8月24日)


常勝城

勝ちに勝ちたり

大阪城

池田先生

(2008年7月17日)


世界一

常勝関西

君たちが

日本の勝利を

断固と導け

池田先生

(2007.11.11)


悠然(ゆうぜん)と

大関西に

そびえ立つ

勝利と不滅(ふめつ)の

創価城かな

池田先生

(2007.11.11)


偉大なる

常勝関西

三世まで

広宣流布の

創価を護(まも)れや

池田先生

(2007.11.6)


真心の

また真心の

三世まで

変わらぬ心は

仏になるらむ

池田先生

(2007年11月6日)


天高く

富士の如くに

常勝の

大関西の

同志の姿も

池田先生

(2007.11.6)


出獄の

その日忘れぬ

関西の

同志の誓いの

なんと嬉しき


池田先生

(「永遠の常勝関西を讃(たた)う」から)

(2007年6月6日)


大阪 平野和楽広布

池田先生

(平成13年10月)


常勝の源流

中大城

池田先生

(昭和59年12月25日)


大阪 枚方広宣流布

池田先生

(平成12年10月25日)


大城 交野常勝山

池田先生

(平成12年10月25日)


空もよし

海もよし

山もよし

風もよし

そして

人もよし

池田先生

(「常勝の詩 大兵庫に勝鬨を!」から)

(2003.2.3)


信心の王者

北大阪


池田先生

(昭和63年1月2日)


泉州の

王者の菊花(きっか)は

永遠(とこしえ)に

常勝師弟の

誉(ほま)れと光りぬ


池田先生

(2008年)


常勝の

大関西の

記念日を

師弟不二して

祝う喜び


池田先生



おお関西

私の生命の

ある限り

関西同志を

護る決意は


池田先生



創価の会合は

「仏の会座(えざ)」なり

池田先生

(2010.10)




万人に仏を見る仏法は、

国籍、人種などによる、

あらゆる偏見や差別を打ち砕く、

生命の尊厳と平等の哲理である。

創価家族とは "心の世界市民"

地球的連帯を意味するのだ。

(新・人間革命 (4463) 母の詩 十二)


必ず勝つ! 最後は勝つ!

この負けじ魂こそが、関西魂だ。常勝魂だ。

そして、わが学会魂である。

池田先生

(随筆 人間世紀の光 22)


世界一

大関西の

婦人部は

勝ちに勝ちたり

常勝 光りて



池田先生

(「永遠の常勝関西を讃(たた)う」から)

(2007年6月6日)

                  世界市民そして平和の人                    
師匠・戸田城聖先生の夢の実現へ奔走 フィリピンと日本の国交正常化50周年。
フィリピン国立リサール・システム大学から 弟子・池田大作先生に
外国人初の「名誉人文学博士号」が授与。(201番目)2006.11.24



古(いにしえ)の

奇(く)しき縁(えにし)に

仕(つか)えしを

人は変(かわ)れど

われは変らじ

弟子・池田先生
幾度(いくたび)か

戦(いくさ)の庭(にわ)に

起(た)てる身の

捨てず持(たも)つは

君が太刀(たち)ぞよ

師匠・戸田先生

色は褪(あ)せ

力は抜けし

吾(わ)が王者

死すとも残すは

君が冠(かんむり)

師匠・戸田先生

(昭和25年)

大法興隆所願成就

授与之創価学会関西本部安置 願主戸田城聖


関西に

今(いま)築きゆく

錦州城(きんしゅうじょう)

永遠(とわ)に崩すな

魔軍抑えて

弟子・池田先生
我が弟子が

折伏行で

築きたる

錦州城を

仰ぐうれしさ

師匠・戸田先生

(昭和31年)1956. 2.11)


何(いか)なる世(よ)の乱れにも各各(おのおの)をば法華経・十羅刹・助け給へと
湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり

(呵責謗法滅罪抄 御書1132ページ)


なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし

(四条金吾殿御返事 御書1192ページ)


一人の心なれども二つの心あれば其の心たが(違)いて成(じょう)ずる事なし、
百人・千人なれども一つ心なれば必ず事を成(じょう)ず

(異体同心事 御書1463ページ)


日本国の人人(ひとびと)は多人(たにん)なれども体同異心なれば 諸事(しょじ)成(じょう)ぜん事かたし、日蓮が一類は異体同心なれば 人人少なく候へども大事を成じて・一定(いちじょう)法華経ひろまりなんと 覚へ候、悪は多けれども一善にかつ事なし

(異体同心事 御書1463ページ)


異体同心なれば万事を成し同体異心なれば諸事叶う事なし

(異体同心事 御書1463ページ)


総じて日蓮が弟子檀那等・自他彼此(じたひし)の心なく 水魚の思(おもい)を成して
異体同心にして南無妙法蓮華経と唱え奉る処(ところ)を生死一大事の血脈とは云うなり、
然(しか)も今(いま)日蓮が弘通(ぐつう)する処の所詮(しょせん)是(これ)なり、
若し然(しか)らば広宣流布の大願も叶うべきか

(生死一大事血脈抄 御書1337ページ)


正本堂/本門事の戒壇



賞本門事戒壇正本堂建立
法華講総講頭 創価学会会長 池田大作
昭和四十九年一月二日




大客殿大講堂
356ヶ寺 建立寄進総坊
(池田先生が第3代会長に就任された昭和35年以降は320カ寺を建立寄進)
延べ7,000万人総登山(1952.10.~1991.迄 39年間)



Kansai spirit to the world, to the future
(関西魂を世界へ 未来へ)


歌に歴史あり、学会に正義の歌あり!

この歌は、無実の罪で囚われていた若き池田先生が出獄。沛然(はいぜん)たる雨、雷鳴が轟く中、 信念と不屈の大獅子吼(ししく)を放った不滅の '常勝・不敗' の原点を刻んだ「大阪大会」(中之島・大阪市中央公会堂)から21年の佳節を迎えた1978年(昭和53年)7月17日 池田会長が出席した 7・17「大阪の日」記念 「関西幹部会」 (関西戸田記念講堂)の席上発表された。

池田会長が、作曲者とともに何度も推敲を重ねられ、 発表直前に完成した山本伸一 作詞 関西の歌「常勝の空」。"常に、今こそ、今こそ、という精神を込めた"  "いかに大勢の同志がいても、常に一人称と二人称の間柄で進みたい。しかも久遠からの縁(えにし)だ"  "苦楽をともにした同志のことを誰が忘れようか....."  "関西よ、いかなる苦難があろうと、断じて負けるな! 勇み立て!"その慈愛に包まれた共戦の譜。



会場では、池田会長の見守る中、「関西の歌」のタイトルとともに、歌詞が書かれ、「大阪大会」の会場だった、 中之島の大阪市中央公会堂の描かれた縦約5メートル、横約20メートルの超特大の幕が出現。参加した4000人の同志が、池田先生とともに大合唱。 この歌には、師弟常勝の誓いが込められている。
「関西の歌」 常勝の空

作詞 : 山本伸一
作曲 : 杉野泰彦

歌詞 :

今再びの 陣列に
君と我(われ)とは 久遠(くおん)より
誓いの友と 春の曲
愛する関西 勇み立て

我等の誉れ 錦州城(きんのしろ)
常勝の空 晴ればれと
凱歌(がいか)の友の 雄叫(おたけ)びは
波濤(はとう)の如く 天に舞え

あゝ関西の 行進に
諸天の旗も 色冴えて
護(まも)りに護らん 我が友を
いざや前進 恐れなく
いざや前進 恐れなく





1982. 3.22(昭和57年) 第1回関西青年平和文化祭(長居陸上競技場)







1984. 9.30(昭和59年) 第4回世界平和文化祭(甲子園球場)






1994.10.23(平成6年) 関西栄光大文化祭(大阪城ホール)




(池田先生とお題目)


七月の

おお十七日の

炎をば

君の胸にも

あなたの胸にも

池田先生


「関西魂」とは

「負けじ魂」である。

「不屈の魂」である。

「師弟の魂」である。

「団結の魂」である。

「常勝の魂」である。

 ゆえに、脈々と受け継がれている「関西魂」こそ、

学会永遠の宝なのだ。



「随筆 我らの勝利の大道」 <師弟常勝の関西魂>より)

師弟勝利の銅鑼 生命の世紀
人生地理学 牧口常三郎公園
戸田城聖 平和桜の森 桜梅桃李
立正安国 池田大作博士環境公園
勇 戦 大 勝
常勝の源流 Oh happy day !
Спасибо! 和 平 颂
白ゆり 戸田記念国際平和研究所
大城 ひとすじの道
常勝の道 錦州城
推理式指導算術 戸田大学
冒険少年 少年日本
原水爆禁止宣言 平和の文化
一枚の鏡 丞相
宇宙への偉大な上昇 思想の上昇
ソフトパワー 平和のシルクロード
詩の庭園 創価の世紀
常勝の大空 常勝の門
宿命転換 変毒為薬
希望の花 常勝の王道
常勝の詩 未曾暫廃
ダイサク・イケダ・カトレア デンドロビューム・カネコ・イケダ
常勝の歌声 源遠流長
牧口常三郎平和公園 ダイサク・イケダ山頂公園
戸田城聖公園 常勝の未来
牧口庭園 戸田城聖通り
華陽会 池田華陽会
戸田城聖庭園 牧口常三郎通り
創価の師弟の常勝の大道 常勝の母
電光石火 平和の翼
当起遠迎 当如敬仏 創価の永遠なる常勝の軌道
勇猛精進 常勝家族
常勝の善友 常勝正義の原点
長者大富 庫蔵衆多 師弟常勝兜
本有常住 常楽我浄
常勝の伝統 常勝の太陽
末法万年尽未来際 一閻浮提広宣流布
三変土田 立正安国
創価の師弟の不惜身命の魂 常勝大阪の門真の友
常勝の合言葉 常勝ラッパ
明鏡 飲水思源
もう一つ、新しい常勝関西 常勝関西
六段円塔 異体同心
浄頗梨の鏡 常勝の兵法
永遠の生命 報恩感謝
常勝ロード 常勝の行進曲
法華経の兵法 諸余怨敵・皆悉摧滅
挑戦 応戦
信力・行力 仏力・法力
生老病死 常勝ひまわりグループ
五百塵点劫 三千塵点劫
周桜 桜花縁(愛唱歌)
トダ・フレンドシップ・サークル(戸田友情の道) 周夫婦桜
始成正覚 久遠実成
世界市民 地球人
一桜 香峯子蘭
常勝の誓い 常勝の絆
師子王の心 太陽の心
青年桜 母桜
青春常勝の金字塔 民衆勝利の金字塔
永遠の都 九識心王真如の都
常勝ヤングパワー 常勝の先頭
化城即宝処 白毫の光
一応 再応
随縁真如の智 不変真如の理
教相 観心
九界即仏界 仏界即九界
本有無作 自体顕照
永遠常勝の都 常勝の歴史
元品の無明 元品の法性
青春の常勝の世紀 常勝の必然の因果
常勝の痛快なエンジン 常勝のリズム
常勝の原点 不敗の原点
関西魂 常勝・不敗の関西魂